トップ > 仕事紹介 > 新入社員の声
トップ画像

新入社員の声

■横浜通商を志望した理由は?
 大学でロシア語を専攻していたので、勉強したことを生かして、これからもロシアと関わっていきたいと強く考えていました。そんな気持ちで就職活動をしていましたが、どの企業でも「ロシアに支社はあるが、ロシアに行けるとは限らない」と言われ続け、本当に行きたい企業になかなか出会えずにいました。ある日「ロシア専門商社に行けば、ロシアとずっと関われるのではないか」と思いつき、インターネットで「ロシア専門商社」と検索したところ、一番目にヒットしたのが横浜通商のホームページでした。まさに私が探していた会社を見つけたような気持ちで、応募しました。

■どのような仕事をしていますか?
 資材・機器輸出チームに所属し、主に日本製の水産加工機械や資材・包材等をロシアに輸出する業務に携わっています。やはり世界ではMade in Japanの人気は健在で、品質を求めて日本製にこだわるお客様も少なくありません。基本的な業務は、ロシアのお客様からの引き合いにしたがって日本国内のメーカー様から見積もりをいただき、お客様にオファーを行い、無事成約となった商品を指定場所まで納品するという流れです。その他、販売した機械を設置・調整するため、国内メーカー様の技術者を現地に派遣する業務(アフターサービス)や、ちょっとした輸入業務も、必要に応じて行っています。

■入社してから感じる横浜通商の魅力とは?
 横浜・みなとみらいの美しい景色を望むことのできる場所にある弊社の魅力は、やりたいことをやらせてくれる社風です。色々なことにどんどん挑戦できる環境があり、部署によってはかなり頻繁に海外出張に出ている社員もいます。ロシアだけでなく世界を舞台に活躍したい方にぴったりな会社だと思います。

■入社から1年間で感じたことは?
 あいさつから始まり、周りの人のことを考えること、空気を読むこと、書類提出前の確認を怠らないこと、ミスをなくすこと、論理的に話すこと、など…1つ1つ考えてみると「できて当たり前」ですが、限りなくある「当たり前」のことを全て完璧にこなすことは重要なことであり、そしてかなり難しいことだと感じました。また、「学生」は卒業しましたが、本当に毎日学ぶことが多い1年でした。水産業界のことは全く知らずに仕事を始めてしまいましたが、まさに「業界人」の先輩方、取引先のお客様に親切に教えてもらい、毎日勉強させてもらっています。私自身も、1日でも早く、誰かの「良い例」となれるように、これからも精進していきたいと思っています。

■会社にはどのような人が多いか?
 それぞれが自分を持っている、個性的な人ばかりです。大学にいるときよりももっとコアなロシアのファンに出会えるかもしれません…。ご入社お待ちしています。;)

A.K (2016年度入社)



横浜本社より モスクワ事務所より サハリン事務所より バレンツ航海記
新入社員の声2016 新入社員の声2015(2) 新入社員の声2015(1)

▲ページトップに戻る